メニュー
心臓・血管センター
心臓・血管センターについて
循環器疾患には、虚血性心疾患、不整脈、心不全、心臓弁膜症、動脈・静脈病変など多くの疾患があります。医療技術の進歩に伴い、すべてのこの多様な循環器疾患に対して、高い専門性が求められています。また、高齢化に伴い、一人の患者さんが複数の循環器疾患を持っていることも珍しくありません。このため、この多様な循環器疾患に対して、各領域のスペシャリストによる診断・治療を有機的に連携する目的で、心臓・血管センターが組織されています。

心臓超音波法を中心とした生理機能検査は岩倉克臣医師、大西俊成医師、冠動脈CTの画像診断は小山靖史医師、虚血性心疾患に対するカテーテル治療は藤井謙司医師、岡村篤徳医師、岩本睦医師、渡邉哲史医師、永井宏幸医師、住吉晃典医師、末梢動脈に対するカテーテル治療は住吉晃典医師、末梢静脈に対するカテーテル治療は渡邉哲史医師、不整脈に対する根治療法であるカテーテルアブレーション治療そしてペースメーカー治療は田中宣暁医師が担当しています。また、弁膜症、虚血性心疾患や大動脈疾患に対して、当院の心臓血管外科と綿密に連携をとり、心臓手術やステントグラフト術等の低侵襲治療の適応を適切に判断しています。

当院の国内はもとより世界的にも高い評価を受けたスペシャリストの緊密な連携をもとに、個々の疾患に最も適した治療を提供しております。”最高水準の診療をあなたに”を合言葉に、最先端の画像診断から先進治療へ、迅速に提供できるのが、当院の心臓・血管センターです。

スタッフ紹介
副院長 岩倉 克臣
副院長
岩倉 克臣
副院長 倉谷 徹
副院長
倉谷 徹
心臓・血管センター長 兼 冠疾患科長 兼 内科部長 岡村 篤徳
心臓・血管センター長 兼
冠疾患科長 兼 内科部長
岡村 篤徳
画像診断科長 小山 靖史
画像診断科長
小山 靖史
心臓・血管センター心不全科長 兼 内科医長 大西 俊成
心臓・血管センター
心不全科長 兼 内科医長
大西 俊成
心臓・血管センター不整脈科長 田中 宣暁
心臓・血管センター
不整脈科長
田中 宣暁
心臓・血管センター末梢血管科長 兼 フットケアセンター医長 住吉 晃典
心臓・血管センター
末梢血管科長 兼
フットケアセンター医長
住吉 晃典