メニュー
心臓・血管センター
心臓・血管センターについて
桜橋渡辺病院は循環器疾患の専門病院であり、その中枢を担うのが心臓・血管センターです。
人口の高齢化や疾病構造の変化により、虚血性心疾患は増加してきています。
それだけではありません。不整脈、心不全、心臓弁膜症、末梢動脈病変など循環器疾患自体も多様化してきています。一人の患者さんが複数の循環器疾患を持っていることも珍しくありません。
今、総合的に診療できる体制が求められています。そのような臨床ニーズに応えるべく、各領域のスペシャリストによる診断・治療を有機的に連携した組織が、当院の心臓・血管センターです。

心臓超音波法を中心とした生理機能検査は伊藤 浩医師、岩倉克臣医師、冠動脈CTを駆使した最先端の画像診断は小山靖史医師、冠動脈や末梢動脈に対するカテーテル治療は藤井謙司医師、岡村篤徳医師、頻脈性不整脈に対する根治療法であるカテーテルアブレーション治療そしてペースメーカー治療は黒飛俊哉医師、井上耕一医師、心臓・血管外科手術は正井崇史医師が担当しています。いずれも国内はもとより世界的にも高い評価を受けたスペシャリストです。
これらのスペシャリストの緊密な連携をもとに、個々の症例に最も適した治療を提供しております。
“最高水準の診療をあなたに”を合言葉に、最先端の画像診断から先進治療へ、迅速に提供できるのが、当院の心臓・血管センターです。
セカンド・オピニオンも受け付けています。気軽にご相談いただければ、専門スタッフから最適な診断・治療法をご提示いたします。

スタッフ紹介
内科・検査科部長 岩倉 克臣
センター長 兼 検査科部長
岩倉 克臣
副院長 正井 崇史
副院長
正井 崇史
冠疾患科長 岡村 篤徳
冠疾患科長
岡村 篤徳
不整脈科長 井上 耕一
不整脈科長
井上 耕一
画像診断科長 小山 靖史
画像診断科長
小山 靖史