メニュー
臨床研究
桜橋渡辺病院を受診された患者様へ
本研究の対象患者に該当する可能性のある方で診療情報等を研究目的に利用されることを希望されない場合は、下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。その場合、患者様に不利益が生じることはございません。

研究結果は学会等で発表されることがありますが、その際も個人を特定する情報は公表いたしません。

研究課題名 術前左房機能が発作性心房細動カテーテルアブレーション術後の再発に与える影響
研究の目的 術前左房機能がPAFのカテーテルアブレーションの成績に及ぼす影響について検討する。
研究方法 後ろ向き観察研究。当院で発作性心房細動のカテーテルアブレーションを受けた症例の左房機能と再発の関連を、Cox regression多変量解析、ROC解析などで検討する。
研究に用いる
試料・情報
当院で発作性心房細動のカテーテルアブレーションを受けた症例の基本背景、再発の有無、内服、心エコー、血液検査、MDCT画像データ。
対象患者 2012年3月から2014年12月までPAFに対して
RFCAを施行した症例。
研究実施予定期間 2020年3月まで
共同臨床研究機関 なし
問合わせ先 研究担当医師:岡 崇史
所属:特定医療法人 渡辺医学会 桜橋渡辺病院 
住所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-32
電話番号:06-6341-8651(代表)
備考