メニュー
臨床研究
桜橋渡辺病院を受診された患者様へ
本研究の対象患者に該当する可能性のある方で診療情報等を研究目的に利用されることを希望されない場合は、下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。その場合、患者様に不利益が生じることはございません。

研究結果は学会等で発表されることがありますが、その際も個人を特定する情報は公表いたしません。

研究課題名 抗凝固療法における患者意識調査
研究の目的 抗凝固療法にて【有効性】、【安全性】、【経済性】、【合理性】を考慮し、適切な抗凝固薬を選択することは非常に重要である。
また、米国ガイドライン、ESCガイドラインは抗凝固療法におけるShared Decision Making(SDM)を実践していくことはクラスⅠの推奨となっており、患者の価値観・嗜好に関して把握し、医療者側と患者側が議論していくことは重要である。
患者側が抗凝固療法に対して何を重視するのか調査したデータは海外ではあるが日本ではほとんどなく、そこで、当院における抗凝固療法が必要な患者に対してアンケートを実施し、その結果を踏まえ今後薬物治療に役立てていこうと考えている。
研究方法 抗凝固療法が必要な患者様に対してアンケートを実施する。
研究に用いる
試料・情報
患者様アンケート、診療録情報等
対象患者 心房細動アブレーション目的で当院に入院した患者様
研究実施予定期間 2021年12月31日まで
共同臨床研究機関 なし
問合わせ先 研究担当者:薬剤科 松元 一隆
所属:特定医療法人 渡辺医学会 桜橋渡辺病院 循環器内科
住所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-32
電話番号:06-6341-8651(代表)
備考