メニュー
臨床研究
桜橋渡辺病院を受診された患者様へ
本研究の対象患者に該当する可能性のある方で診療情報等を研究目的に利用されることを希望されない場合は、下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。その場合、患者様に不利益が生じることはございません。

研究結果は学会等で発表されることがありますが、その際も個人を特定する情報は公表いたしません。

研究課題名 当院におけるアブレーション直後の心房細動再発に対する薬物的除細動とカルディオバージョンの有効性の検討
研究の目的 心房細動に対するカテーテルアブレーション後、入院中に再発した症例ではその後の心房細動の持続化を懸念してカルディオバージョンを施行されているが、洞調律に戻らなかった症例でも再診時には洞調律であることが経験されている。当院における心房細動アブレーション直後の早期再発心房細動に対する薬物的除細動や電気的カルディオバージョンの有無で外来受診時の心房細動再発があるかどうかを検討し、アブレーション後すぐの心房細動再発に対する洞調律化が必要なのかを検証するため。
研究方法 単施設後ろ向き観察試験
対象は、当院で過去に行った心房細動患者。カテーテル記録、カルテ記録、心電図波形をもとにして、アブレーション直後の早期再発性心房細動に対するカルディオバージョンの有無が外来再診時の心房細動再発率や予定外受診や入院、合併症等のイベントに与える影響を調べる。
研究に用いる
試料・情報
患者背景、心電図データ、心エコーデータ、CTデータ、アブレーション所見、再発率、カルディオバージョンの有無、再アブレーションの有無と詳細、イベント(死亡、心血管イベント等)、投薬内容(抗不整脈薬、抗凝固薬等)など
対象患者 当院で2015年4月以降に心房細動アブレーションが行われた患者様のうち、カルテ等の既存の記録のみで追跡が可能な症例
研究実施予定期間 2023年3月31日まで
共同臨床研究機関 なし
問合わせ先 研究担当医師:原田 慎一
所属:特定医療法人 渡辺医学会 桜橋渡辺病院 循環器内科
住所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-32
電話番号:06-6341-8651(代表)
備考