メニュー
臨床研究
桜橋渡辺病院を受診された患者様へ
本研究の対象患者に該当する可能性のある方で診療情報等を研究目的に利用されることを希望されない場合は、下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。その場合、患者様に不利益が生じることはございません。

研究結果は学会等で発表されることがありますが、その際も個人を特定する情報は公表いたしません。

研究課題名 経皮的冠動脈形成術(PCI)、末梢血管内治療(EVT)におけるtip detection法を使用したIVUSガイドワイヤリングの有効性
研究の目的 冠動脈の非CTO病変、末梢血管病変の治療の際にIVUSを用いてtip detection方法を行い、従来よりも簡便かつ正確に治療をできることかを検討する。
研究方法 2019年10月~2020年5月までと2020年5月~2021年4月までの間に、冠動脈の非CTO病変のPCI、及び末梢血管病変のEVTを施行する時にIVUSガイドのtip detection法を行うワイヤー通過を試みPCI,EVT施行時にIVUSガイドのtip detection法を行い、手技の有効性を評価する。
研究に用いる
試料・情報
・患者基本情報(体重、身長、性別、年齢、既往歴、危険因子)
・患者の状態・採血結果データ・その他検査結果(心エコー・心臓CT:術前)・PCI、EVT治療の詳細(手技データ、アンギオとIVUS)
・手技関連合併症・退院後1年間のイベント
対象患者 2019年10月~2020年5月と2020年5月~2021年4月までの間に、冠動脈の非CTO病変のPCI及び末梢血管病変のEVTの施行時にIVUSガイドのtip detection法を行うワイヤー通過を試みた症例
研究実施予定期間 2022年3月31日まで
共同臨床研究機関 なし
問合わせ先 研究担当医師:鈴木 智詞
所属:特定医療法人 渡辺医学会 桜橋渡辺病院
住所:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-32
電話番号:06-6341-8651(代表)
備考